クレジットカード現金化を未成年者が利用するメリットとは

未成年者は原則としてクレジットカード現金化業者に申し込みをすることはできません。
どうしてもクレジットカード現金化をしたい未成年者は、何か別の方法を考えるか対策をする必要があります。
ここではクレジットカード現金化業者が未成年の利用を禁止している理由とその対策を具体的に説明していきます。

クレジットカード現金化業者が未成年の利用を認めていない理由

クレジットカード現金化は法律的には貸金業ではなく、古物の取引といった中古業者に当たるものとして解釈されています。
これはクレジットカードのショッピング枠を現金化するのに、決済購入した商品をまた中古転売して現金に変えるという工程を踏むためです。
しかし中古の本やゲームを売る時のことを考えるとわかりますが、未成年者が商品を中古買取に出す際には保護者の同意書が必要になります。
これは責任の所在を未成年者本人ではなく保護者の方に負ってもらうための処置ですが、クレジットカード現金化では原則として利用者本人からの申し込み以外は受け付けてもらえません。
つまり同意書による代理申し込みが許可されていないため、必然的に未成年者は利用ができなくなるというわけです。

クレジットカード現金化には未成年者名義のカードは利用できない

未成年者が大手クレジットカード現金化を利用できないもう一つの理由が、名義人の問題です。
クレジットカード現金化業者では申し込みをした人とクレジットカードの名義人が一致していないと契約の許可を出せないことになっています。
たとえば同意書なしで保護者が未成年者本人の代わりに申し込みを行ったとしても、利用登録するカードが未成年者の名義になっていると情報の不一致で弾かれてしまいます。
逆に未成年者が第三者のカードを借りて申し込みを行った場合も同様に身分証との不一致となるため、クレジットカード現金化の契約をすることはできません。

未成年者がクレジットカード現金化を行うための方法

未成年者がクレジットカード現金化を行う方法としてもっとも現実的なのは、業者を使わない形での現金化になります。
クレジットカード購入した商品を自分で中古市場に転売して現金化するのであれば未成年者でも問題なく可能と言えます。
ただしこの方法は取引に時間がかかるのに加えて、現金化の際の換金率が安定しない大きなリスクがあります。
基本的に業者を使った場合よりも低い換金率となるため、積極的に利用するのは賢い選択とは言えないでしょう。
他には保護者などクレジットカードを持っている第三者に現金化をしてもらって、その人からお金を借りるという方法も考えられます。
しかしこの場合は二重にお金の契約が発生しトラブルになる危険が非常に高くなります。

未成年者でも利用可能と宣伝するクレジットカード現金化業者は避けること

全体的に未成年者がクレジットカード現金化を行うのは難しく、様々な方策を用意したとしてもメリットよりもデメリットの方が多くなると考えていいでしょう。
どうしてもクレジットカード現金化を試したいと業者を探し回っていると、その中に未成年者でも利用可能と宣伝している業者が見つかることはあるかも知れません。
しかし先に述べたように未成年が現金化を使えないのには正当な複数の理由が存在します。
それを無視して未成年者を呼び込もうとする業者は悪質なケースがほとんどなので、どんなに困っていてもこうした業者に申し込みをするのは避けた方がいいでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化は未成年者が利用できない仕組みになっています。
それを回避する方法がないわけではありませんが、かなり手間がかかる上にメリットもそれほど大きくないので積極的に推奨できるものではありません。
また未成年者を狙った悪質業者にも狙われやすくなるので、クレジットカード現金化は成人を待って利用することをお勧めします。