質屋でクレジットカードの現金化ってどうなの?メリットやデメリットを徹底解説

クレジットカードがあれば現金を調達できるクレジットカード現金化。
そんな現金化をするときには専門業者を利用する人が多いですが、中には業者は利用したくないと質屋を利用する人もいます。
では質屋でのクレジットカード現金化は実際どうなのでしょうか。
今回は質屋での現金化のメリットやデメリット、流れなどの情報を紹介していきます。

質屋でクレジットカードを現金化する流れは?

現金化といえば現金化業者をイメージする人が多いため、質屋でどんな流れで現金化をするのかがイメージできないという人もいるかもしれません。
質屋で現金化をする場合は次のような流れで進んでいきます。

1.換金性の高い商品をクレジットカードで購入する

まずは質屋に入れる商品を購入します。
換金性の高い商品を購入するとより多くの金額を受け取ることができます。
支払いは現金化に利用したいクレジットカードで行い、支払回数は好きなものを選べます。

2.購入した商品を質屋に入れる

購入した商品が手元に届いたら、その商品を質屋にもっていきましょう。
その場ですぐに現金を受け取れます。
このように買取ショップなどで現金化をするのと流れは大きくは変わりません。

質屋で現金化をするとメリットはあるの?

実は質屋で現金化をするといくつかのメリットがあります。
1つ目は、後日お金が入ったときに質に入れた商品が返ってくる点です。
質屋では商品を買い取っているわけではなく、預けた商品を担保にしてお金を借りているだけです。
そのため期日までにお金を返すことで商品は手元に返ってきます。
ブランド品などを購入して質に入れて一時的に現金を調達し、後日返品してもらい自分で使うといったことも可能です。
2つ目は大手質屋なら店頭だけではなく宅配や出張でのサービスも行っていることです。
近年は全国規模でサービスを行う質屋もあり、それらでは出張査定や宅配査定にも対応しています。
そのため自宅の近くに質屋がないという人でも利用できます。

質屋での現金化にはデメリットも・・・

質屋での現金化にはメリットがあると紹介しましたが、その一方でいくつかのデメリットもあります。

換金率が低くなる

質屋では商品の定価の半額程度で質入れされた商品を販売することが多いです。
そのため質入れしたときに利用者が受け取る金額はさらに少なくなってしまいます。
その結果10万円の商品を質入れしたのに5万円も受け取れないことが多いのです。
現金化業者を利用すれば70%~80%程度の換金率になることが多いため、かなり低いといえます。

店舗によって質入れできる商品が違う

質屋では店舗によってどんな商品を質入れできるかが異なります。
そのためたとえ換金性の高い商品を購入したとしても、目星をつけていた質屋では対応してもらえない可能性もあります。
大手質屋では公式サイトなどで対応できる商品を紹介していますが、サイトなどがない場合もあるので下調べが非常に重要になります。

まとめ

今回紹介してきたように質屋でのクレジットカード現金化にはメリットはあるものの、デメリットもたくさんあります。
特に換金率の低さは大きなデメリットとなるでしょう。
そのためもしこだわりがないのであれば、質屋を利用せずに換金率が高い現金化業者や自分で現金化ができる買取ショップを利用することをおすすめします。