クレジットカード現金化は自己破産の時にバレるの?

クレジットカード現金化ということは皆さんはご存知でしょうか?クレジットカード現金化は知らない人からするとどのようなものなのか把握できないという人はいると思います。
簡単に言いますとクレジットカードを使用して現金を獲得するというものです。
クレジットカードでとりあえずネットショッピングの容量で商品を購入してもらいます。
そうすれば商品を手に入れることができますのでそれをクレジットカード現金化の業者に買い取ってもらってその金額を手に入れるという流れになっていです。
また、クレジットカードにはキャッシュバックという機能があります。
それを利用してネットショッピングで買い物をしてもらってからキャッシュバックで現金を獲得するというやり方もあります。
その二つがあるのですが、自己破産となった時には影響が出るのか心配な人もいます。
また、そもそもクレジットカード現金化というものは違法なのかも気になっている人もいると思いますので解説していきたいと思います。

そもそもクレジットカードの違法性は?

そもそもなのですが、クレジットカードの現金化というものは普通の法律には抵触しないという形になっています。
だからこそクレジットカード現金化は安全なのではと勘違いしている人もいますがそんなことはないです。
バレてしまうとクレジットカードの業者から支払い義務が生じることがあります。
クレジットカードの正確な使い方ではないですしクレジットカードのルールとしてホームページに罰則が規定されているからです。
また、ネットショッピングで買い物をするという形になると思いますがネットショッピング側も罰則を規定しているのでアカウントの停止をされます。
具体的な法律は規定されていないもののリスクはすごくありますし正確な使い方ではないです。

クレジットカード現金化は自己破産でバレるの?

そしてクレジットカード現金化の自己破産の際の話になるのですが、そもそも破産法にクレジットカード現金化は違法だと明記されています。
なのでバレてしまうと自己破産ができなくなるという可能性がすごく高くなります。
また、自己破産となった時には調査というのがある可能性が高いです。
財産の調査や債権者の調査などをされる可能性がありますのでそこで過去のクレジットカードの履歴などでバレてしまいます。
また、調査がないパターンもあるのですが、それは財産がもともと少ない人になります。
また、一回クレジットカード現金化がバレてしまいますとその影響はもちろんクレジットカード業者に及びます。
もともと先ほども述べたようにクレジットカード業者はクレジットカード現金化は罰則があると明記しているくらいにダメな行為なので支払いをされるように促される可能性もあります。
なので一度過ちとしてクレジットカード現金化をしてしまったという人なのであれば正直に申告するということが良いです。
もちろん良くない行為になるのですが、隠していることはダメな行為ですかバレてしまうからです。

まとめ

クレジットカード現金化はそもそもするべきではないのですが、してしまった時には正直に自己破産の際に申し出ましょう。
それが正しい行為になります。